【Tips】同一銘柄を同一日に売買した場合の参考取得単価について

Pocket
LINEで送る

こんにちは。今回はSTREAMで売買をする際に気をつけていただきたい、特定口座における株式の取得単価についてお伝えいたします!

同一銘柄を売買する際、日を変えて複数回売買した場合同一日に複数回売買した場合での取得単価について、考えが少し複雑になっています。

よく読んで今後の投資の参考にしてください!

早速、下記に記載していきます。

  • 複数日の場合

ロ(510,000円+500円×1,000株)÷2,000株=505円

ハ 取得単価は変わりません。

二(515,000円+505円×1,000株)÷2,000株=510円

 

以上のように、保有株式数が増加する度に平均取得単価を計算します。

 

  • 同一日の場合

ロ(700円×1,000株+715円×1,000株+710円×1,000株)÷3,000株=708.3‥⇒1円未満切上 709円

ハ 709円

ニ 709円

特定口座では制度上、同一日での売買が行われた場合、取得単価は約定時間(時系列)順では計算されません。当日買い付けた全株式を基に取得単価を算出します。

 

つまり、ロにおける取得単価は直前の買い付け価格である700円ではなく、ハとニで買い付けた分も加えた全株式を基に計算された平均取得価格が反映されることになりますので注意が必要です。

 

以上、長期のトレードとデイトレードの場合では計算方法が異なるため、取得単価を計算する際は気をつけてください!

Pocket
LINEで送る