UI大幅アップデートのご報告と特殊注文に関するご要望について

Pocket
LINEで送る

いつもSTREAM(ストリーム)をご利用いただき、ありがとうございます。
さて、本日はプレスリリースでもお知らせしておりますが、UIの大幅アップデート改善と新機能を実装致しました。詳細については以下のプレスリリースに詳細を記載させていただいております。

——
プレスリリース:(2019/1/11)従来型 売買委託手数料ゼロ コミュニティ型株取引アプリ「STREAM」パーソナライズ化!新機能リリースと大幅な機能リニューアル
——

今回のUI大幅アップデートは、STREAM CAMPに参加されたユーザーさんには数か月前に予告させていただいた内容です。皆様へ予告してから数か月、ようやく実現できチーム一同、安堵しております。

改善内容や新機能についてはプレスリリースをご確認いただければと思いますが、本ブログでは大幅なUI改善を実施した経緯や、いくつかご要望をいただいている特殊注文に関して現時点での当社の考えについて共有させていただきます。

リリース後6ヶ月にも満たない時期に、なぜ、大幅なUIアップデートをしたのか?

昨年の4月にSTREAMのβ版を発表し、7月に現物取引開始、そして9月には信用取引を開始しました。その過程でユーザーの皆様の要望を集約し、改善に取り組み、その都度、皆様には本ブログにてお知らせさせていただきました。

ユーザーさんの要望からプロダクト改善を行うC2D(Community 2 Development)の体制を確立し、着実に実行できたことで、当初あった同様の改善要望は、発生しなくなっています。改善要望のリクエスト数が多かった課題が消し込まれるたびに、チームに喜びをもたらしてくれました。

——
C2Dについての詳細
——

しかし、ユーザーの声は多種多様です。直接的な機能提案をいただくこともありますし、中には感覚的でどう対処したらよいのか分からない声もあります。

我々スマートプラスは、統一性がなく仕分けができない曖昧なご意見を無視するのではなく、細かな声が溜まった段階で再度グルーピング化を実施。「もやっ」とした要望から何を求められているのか、何回かに分けてブレストし、ご意見の奥にある、”課題”を探っていきました。

その結果は、「現状の改善では短期的に解決できない」課題がUI/UXに存在するということが浮彫になりました。リリースしてからまだ6ヶ月にも満たない時期ではありましたが、私たちは大幅なUIアップデートを決断しました。

簡単ではない決断でしたが、この大幅改善がSTREAMの価値向上につながるものと信じ、チーム全体で取り組んできました。また、私たちが決断できたのは、皆様からいただいた声のおかげです。改めて皆様に御礼申し上げます。

曖昧な声の大切さ

例えば、「コメントボタン」の新設に至った経緯を説明していきましょう。

初めてSTREAMを利用する人から「何をしてよいのか分からない」といった声がありました。文面だけとれば、こちらもどう対処してよいかわかりません。

もちろん、これまでSTREAMをスムーズに利用できるようアプリ内チュートリアル、メールでのチュートリアル配信等、各種のオンボーディング施策の改善は実施してきましたが、こうした声はいまだに散見される状況でした。つまり、UI/UX上の根本的な解決が必要そうでした。

これまでのSTREAMでは、銘柄やニュースなど対象を選択してコメントするしかありませんでした。(誰かのコメントに対する返信は除く)上記と同様の曖昧な要望から得たインサイトは、そもそも「コメントする」という行動が先にあり、その後対象銘柄を選択できるよにする、ということでした。

そこからコメントボタンが生まれてきたというわけです。

これはほんの一例ですが、皆様の声は「My News」リストや約定報告機能、そして声の大きかったマイリスト・お気に入り設定方法の改善など今回の大幅な改善に活かされています。

次の改善は?チャート改善が進行中

そして、皆様からの声が大きいチャート。これまで「STREAM改善ボード」でも登場したものの「戦略的に保留」というステータスとなっていました。

これまでSTREAM CAMP等でチャートに対する私たちの考えを共有させていただいておりました。STREAMは、コミュニティ機能の充実化を優先し、他社アプリで実装されているような機能は優先度を下げるという基本方針です。

これは今でも変わりませんが、「チャートに関しても同じアプリ内でチャートも見たいからもう少し機能的にしてほしい」といった声に押され、一定の改善は行っていくべきと考え方を改めました。

チャート機能の改善は時間をおかず、皆様に発表できそうです。次期STREAMのチャートは、要望が多かったピンチによる拡大・縮小など、現状よりも充実したものになりますのでご期待ください。

また、こうした対応状況は、以下のSTREAM改善ボードにて広く公開しています。是非ともご注目ください。

STREAM改善ボード

特殊注文系のご要望に対する当社の考え

もう一つ、スマートプラスの考えについて共有する必要があります。それはいわゆるFXで言うOCO、IFDのような特殊注文方式に対してであり、いくつか同様のご要望をいただいています。

これまで何回か改善のご報告と同時に、本ブログにてSTREAMの価値提供について考えを共有していますが、STREAMは「コミュニティ株取引アプリ」であり、「みんなでワイワイガヤガヤ、株取引を楽しむアプリ」です。

私たちは、STREAMにおいてはこのコンセプト強化につながる機能を優先し、他社で進められている取引の高機能化は行わないというのが基本方針です。チャート同様今後考え方を改めることもあるかもしれませんが、こうした取引関連の高機能化は現時点では行いません。

投資家が多様な証券サービスを選べる世界を創る、それが私たちのミッション

ただし、スマートプラスは多様な証券サービスを創り、投資家が主役の投資環境を構築することをミッションにしている証券会社です。

STREAMにおいてはコミュニティにフォーカスした株取引環境を提供していますが、同様に多様な投資ニーズにフィットした株取引アプリをリリースしていくつもりです。

私たちは、取引高機能化への要望を無視しているのではありません。投資ニーズにあわせて、各プロダクトのコンセプト(ヴァリュー・プロポジション)を明確にし、機能を磨き上げていく。そして誰も体験したことのない全く新しいアプリをリリースしていくことが私たちの答えです。

現時点で時期はお答えできませんが、将来的に高機能化へのニーズに対応した株取引アプリの開発はしっかりと視野に入っています。その日までお待ちいただくことになりますが、何卒、ご期待ください。

Pocket
LINEで送る